マイクラ統合版プレイ日記パート003。今回は植林場を整備して、松明がいくらでも生産できるような体制を整えました。いよいよ洞窟探検にも挑戦していきます。




周辺の散策

さて今日もやっていきましょう。近場をウロウロしつつ、前回どこまでやったかを確認していきます。

水の上でジャンプしているニワトリ(肉)を発見!
水で飛び跳ねるニワトリ

肉ゲット。
さっそく肉ゲット

畑の様子。そうそう、種を植えて終わったんでした。
畑の様子

植えたばかりなので、種はまだほとんど成長していません。成熟するにはだいたい40分くらいかかるので、もう少し時間が必要です。

植林場(仮)でリンゴを発見。肉はたくさんあるので食料には困っていませんが、なぜか見つけると嬉しいですね。
ドロップするリンゴ

ここで設定画面を開いて内容を確認したり画面サイズを変更したりしました。わからないことがあって設定画面を開いたままブラウザで検索していたら、何者かに攻撃されたようなサウンドが。急いでマイクラに戻ります。

またクモか!それとゾンビも!
クモとゾンビ

体力が減っていて二体を一度に倒すのは難しい。いったん逃げます。クモのほうがゾンビよりも移動速度が早いので、距離を取れば二匹のモンスターを引き剥がすことができます。

クモから撃破。
クモを撃破

ゾンビも倒す!
ゾンビも倒す

すぐにオヤスミ~。
ベッド

致命傷を受けずに二匹とも撃破。あぶないところでした。昼間の状態でメニュー画面を開いたはずなのに、いつの間にか夜に・・・。Java版ではメニュー画面を開くとゲームが止まるんですよね。同じ調子でやらないように気をつけないといけません。

起きると雨が。前回の反省をいかし、雨の日の夜は早めに寝ます。

木が育っていたので伐採します。
樫の木

地上から丸太を全て切る取ることができて、かつ丸太も多くゲットできる。理想的なサイズの樫の木でした。

切り終えるとクリーパーが近づいてきたので一目散に逃げます。
近づくクリーパー

クリーパーは足音や鳴き声が聞こえないのがやっかいです。爆発で致命傷をおうことはもちろんのこと、地形が破壊されてしまうのが嫌なところ。見つけた場合はすぐ逃げて、離れたところから消える(デスポーンする)のを待ちます。

畑の小麦も少しずつ育ってきました。
育ってきた小麦

子ウシをつれた牛。これは倒せないやつ!
子ウシ

違う場所に大量にウシがスポーンしていたので倒して肉と革をゲットします。
ウシを倒す

ウロウロしながら動物をたおしていると、垂直に穴があいている場所を発見。
深い穴

この洞窟は壁際を階段状に掘っておりていくやつです。松明やツルハシの準備ができたら探検してみます。




樫の木の植林場の整備

この洞窟を発見したところでようやく「松明を準備して洞窟探検をする」という目的を思い出しました(ホント忘れっぽい)!

松明の材料は棒と木炭(or石炭)。どちらもある程度もっていますが、松明はたくさん持っておきたいのでさらに材料を集める必要があります。しかし近くには木がありません。ということで植林の設備をもう少しととのえて、生産効率を高めていきます。

作業の前にアイテムを整理しようと思ったら、インベントリでトライデントを発見。いつの間にか手に入れていたようです。
なぜか持っていたトライデント

樫の木での植林を効率よくおこなうためには、苗木のうえに巨木への成長を制限するブロックをおいておくことが大切です。制限ブロックは土系以外のブロックでなければいけないので、今回はたくさん集まっているウールを使いたいと思います。

土ブロックを足元に積み上げていき、苗木から8ブロック上にウールをおきます。苗木とウールの間には7ブロックぶんの空間があいていればOK。
設置した制限ブロック

ウールを延長していき、隣の苗木の上にも設置しよう
制限ブロックの延長

と思ったら、落下してしまいました。
落下の瞬間

この高さでも落下ダメージは痛い。高所では落ちないように必ずスニーク(しゃがんだ)状態で作業するようにしましょう。

制限ブロックが設置できたら、無駄なウールを破壊していきます。
不要なブロックの破壊

地上から見るとこんな感じです。空中にブロックが浮いていて違和感がありますが、効率のためには仕方ありません。
浮いている制限ブロック

地面のほうでも、苗木を植える部分がわかりやすいようにブロックを設置していきます。

苗木を植えるブロックの隣を掘って、ウールを入れておきます。
苗木の周囲

植える場所がわかればいいので松明を隣においておくだけでもいいですが、四方を苗木が植えられないブロックで囲んでおくことで植え間違いもふせぐことができます。手に入れやすい丸石などを使うのがいいと思います。

植林場をととのえているうちに育ちました。制限ブロックより低い樫の木です。
成長した樫の木

さすがに苗木を植える場所が6ヶ所では少ないので、植林場の敷地を増やします。
植林場を広げる

苗木を植える場所を9ヶ所に。
苗木を植える場所を増やす

制限ブロックをおいて苗木を植えたら完成です。
完成した植林場

畑のほうを見に行くと、小麦が育っていました。
成熟した小麦

育ったものだけを収穫。
育った小麦を収穫

収穫した場所には種を植えてふたたび放置。
種を植えて放置

まだ数は少ないですが、収穫できた小麦はウシやヒツジの繁殖のための餌として使う予定です。

見つけた動物を狩っていると、木が成長しました。
成長した木

この高さ2の位置に葉をつける樫の木は伐採が面倒くさいです。斧で葉を壊せば斧の耐久値が減ってもったいない感じがするし、わざわざ他のアイテムに持ち帰るのも面倒。これは横の制限ブロックで回避できるのか・・後ほど検証します。

丸太があつまってきたので、松明を作り、
松明のレシピ

石のツルハシや石の剣を作っていきます。
石のツルハシのレシピ

いよいよ洞窟探検へ

松明・武器・ツルハシ・食料がそろったところで、いよいよ洞窟探検にでかけます。手始めに初期スポーン地点の近くにあった洞窟に入ってみます。

上にも下にも洞窟がありましたが、まずは上の洞窟から入ることにしました。
初期スポーン地点の洞窟

地面に松明をおきながら進んでいきます。洞窟に入ったときに聞こえる効果音が不気味です。

ちなみに松明がなければこの暗さ。昼間でも余裕でモンスターがスポーンします。
洞窟の暗さ

枝分かれした道。左上から進むと、右下の道とつながっていました。
洞窟の分かれ道

奥はいきどまりでした。
いきどまり

結局この洞窟では何も発見できず。石や砂岩が多いので、採石場として活用できるかもしれません。

ということで、今回の冒険はこのへんで終わり。次回も引き続き洞窟探検を進めていこうと思います。